シンガポールツアーで楽しむ【賢く過ごすための秘訣】

アンデスの古代遺跡が魅力

パスポートと旅行カバン

旅のベストシーズンは乾期

ペルー旅行の目玉といえばクスコやマチュピチュ、ナスカ、チチカカ湖、イグアスの滝などです。南米は南半球にあって日本から最も遠い地域なので、気候に気をつける必要があります。クスコやマチュピチュやナスカなどはアンデス地帯にあるので乾期での観光が最も適しています。時期でいうと4月から10月がベストシーズンになります。ペルーは日本とは季節が反対なので、4月から10月は冬になります。そのために服装にも注意が必要です。アンデス地帯は朝晩が冷えますが、日中は天気がよくて温度も上がるので半袖でも大丈夫です。薄手の長袖を羽織る感覚で大丈夫です。ただし11月以降になると雨期に入るので、土砂崩れや大雨の影響で列車やバスの日程が狂う可能性が高くなるので要注意です。

クスコはユネスコ遺産の街

ペルー旅行が人気なのはやはり古代の遺跡が郷愁を誘うからです。特にマチュピチュやナスカの遺跡などは日本でも有名ですし、簡単には行くことができないのも人気となっています。特にクスコは南米の古都の魅力があふれているので人気があります。首都のリマとは違ってクスコには昔の街並みが残っており、ユネスコの文化遺産にも登録されています。リマのような発達した都市とは違う魅力があります。またペルーはスペインに侵略されてインカ帝国が滅んだという歴史があり、スペイン文化にも触れることができます。ペルーにはそのような歴史があるので旅行者にとっても新鮮な発見があるのです。日本にも他の国にはない2000年にわたる独特の文化があるので、ペルーのような古代の歴史が息づいている国へ旅行がしたくなるのです。旅行を検討している方は、旅行会社の窓口に相談に行ってみましょう。スタッフがどのようなツアーが存在しているのか案内してくれます。店頭まで行く時間がないという方は、インターネットで旅行会社のHPを観覧してもいいでしょう。実施しているツアーの詳細が載っているので、そこから日程や費用などを調べることができます。ペルー以外にもシンガポールも人気を集めています。シンガポールツアーではサファリや人気アトラクション、シンガポールの伝統を体験できるツアーなどバラエティに富んでいます。自分の好きなプランを選んで参加することができるので、充実した旅行を楽しむことができるでしょう。